もっそもっそと日常綴り

アクセスカウンタ

zoom RSS ドナー通知と言う経験

<<   作成日時 : 2015/11/30 10:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

自分に起こった事の記録として書いておこうと思いました。





年の瀬も迫りつつある、11月ウチの手元にとある封書が届きました。
画像

オレンジ色の大きなサイズ表には『至急』の文字もあり少しドキリ。

つい数週間前に、献血と骨髄ドナーの登録を済ませたところでした。
最初は

『あっ、もしかして経過報告の封書だったりして』

と軽んじていたのですが
五秒後に同日登録をした旦那には来てへんなぁ〜
なんて思い返し、部屋に上がってすぐ封書の確認。
そうなのか?と言う気持ちとそんなはずは!
の気持ちが混ざって少し緊張。
中には数枚の書類
画像

それと共に
『ドナー候補の一人に選ばれました。』
と書かれた紙が入っていました。

・・・なるほど。

この時も思いとしては
折角登録して、協力できる機会が来たなら協力したい!!
でした
しかしこの時置かれていた状況は

子供も大きくなり、家にずっといるのも無駄やから仕事探し始めよう
と言う事と
次の子供ができへんままズルズルいってしまうから次の子の事を考えたい
と言う事の二点でした。

勿論働きながらでも協力はできるでしょうが・・・
二・三ヶ月の間に八回の血液検査などを平日に特定の病院で受けなければならない
と言う内容がありました。

次に提供するにあたり、妊娠してはいけないと言う記載もありました。

この二つは仕事探しをしようかと言う事や妊娠を視野に入れている私にとっては悩みました。
家族(実の母と義理の母)は即答で
「今回は止めときなさい」
と言う返答でした。

義理の母は仕事を探してるの知っていたからだと思うし
実の母は次の子供の事を考えているのを知っていたからだと思います。

旦那は
「止めといてほしいと思うけど、協力してたいと言うなら援助する」
と言うものでした。


実は通知が手元に届いた日の午前中に面接日が決まっていました。
会社側としてどういう判断をするか分かりかねるところがあったので
面接の時に正直に話してみる事にしました。

「先日骨髄ドナーより連絡が入り、ドナー候補の一人に選ばれました
 現在正式に決定しているわけではないのでお聞きしたいのですが
 こちら(会社側)では勤務日数をある程度自由と伺っております
 お話しできるのも最小限の方に限られるため
 休む時も本当の理由は他の方には言えないです。 
 その休みも、私がドナー協力することとなれば
 二・三ヶ月の内に八回の検査を受ける事となります
 毎回平日に行わなければなりません。」

「面接日が決まってからの通知であった為
 今回このような中途半端な状況になってしまい
 申し訳ありません。
 会社側としては再々休まれるのはやはり困る
 と言う状況でしたら正式に断りを入れようと考えております。」

と言った感じで話をして帰りました。
面接時では
「前もって休みの申請があれば問題ない」
と言われていました。

いままでの仕事も契約期間満了で終了していたし
結構色んな仕事して経験もあるから大丈夫だろう
と人事経験のある知人に言われていたのですが
この時は仕事には繋がりませんでした。
(単純に自分の面接態度などが悪かったのかも知れませんけどね)

日本ではまだまだ骨髄ドナーへの認知度が低く
生活、仕事に差し支えるから登録さえもままならないと言うのが現状です。
真意は分かりかねるものの、話したことが原因だったとしたら悲しいです。

今回の協力はたくさん考えた結果、やはり次の子供の事を最優先に考えよう
と言う事でお断りする事にしました。

基本家族の中でも少数の人にしかドナーの事を話してはいけない決まりです。
ですが細かな事が分からない範囲で親戚に話が出た時
自分は登録しないや気持ち的にできない
と言う意見を聞きました。

断るなら登録しなければいいのに、と言われるかもしれません。
ですが長い目で見てまた次このような話が来た時は
二つ返事できる環境だったらいいなのになと思っています。



私個人としては人間死んだらただの肉塊
それなら生きる機会に恵まれた人に捧げよう
そんな風に考えて臓器移植も厭わない人間です。
慈善や偽善ではなく、それも一つの考え方と言う事

それなら登録しない人にとやかく言う資格はないですね;;
世の中難しいですホンマ。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ドナー通知と言う経験 もっそもっそと日常綴り/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる